ガジェット、モタスポ、カメラ

グリーンハウス モニターアーム GH-AMCD01を購入!

こんにちは。前回のGW2283に引き続き、モニタアームについて記事を書きたいと思います。デデン。

早速ですがこちらを購入しました。いま(2019/9/28)は4000円弱といったところですが、自分が購入したときはタイムセールで3100円ぐらいでした。

選定の基準

当然ですが、GW2283をとりつけるために買うのでそれがそのまま基準になりますね。

  • 21.5インチに対応している
  • 重さ3.7キロに対応している
  • VESAマウント対応

に加えて、モニターアーム自体に求めるものだったのがこちら。

  • クランプ式(机を挟み込んでとりつけるタイプ)
    • グロメット(穴あけタイプ)は無理
  • 設置場所が変わるかもなので、可動域はフレキシブルなほうがいい
  • 特に首のところ。微調整できるとうれしい
  • 白だとなんかオフィス感でちゃうんで黒かな・・・
  • 安いほうがありがたい

という感じでした。

他にみた商品

グリーンハウス GH-AMCF01

これは安い!と思ったんですが水平にしかうごきません。垂直方向は固定したいときようですね。今回は目的がちがうんでパスしました。

HUANUO PC モニターアーム 液晶ディスプレイ

型番とかないのかなこれ・・・
こちらは根本の高さも調整できていいですが、たぶん支柱が邪魔になりそうですw

届いたっぽい

注文した日(といっても0時付近に注文)にとどきました。アマゾンプライム相変わらず速い。

安いのにきれいに梱包されていてびっくり。

注意書き。実際外したときは気をつけました。勢いよく跳ね上がるというよりは「勢いよく」を想定してるとゆっくりめだけどたしかに跳ね上がってくる、チカラが強くて開くのを止められない、って感じでした。

説明書もちゃんとした日本語w(最近変な中華製品しか買ってないからな……)

説明書の数字・アルファベットと連動した形で小袋がきれいにわかれています。

いざ設置

最終的にはこんな形で設置。このMacをおいてる白い机(左側)の右上に来るような形です。プレステ4、RD-XD91をモニタの下につないで設置。電源タップがまだ到着してないんでコード類がまとまってないのは目をつぶってください(笑)

紆余曲折あり、結局オーソドックスに無印良品の棚にクランプしようとしましたが、厚さが足らずこんな形に。これ大丈夫かな。

注意点として、クランプで取り付けると下部の出っ張りがけっこうあります。

角度はこんな感じ(ブレブレ・・・)

あの設置方法だと、プレスト4が邪魔でケーブルとかつけられないのでは?と思うかもですが、なんと首が90度真上に回ります。全く問題なし。あられもない姿のGW2283。奥にはLepyのLP2024+がちらっとみえてますw

軽いモニタだと調整がギリギリ

説明書から引用です。
関節に当たる部分の六角ねじを調整することで様々な重さのモニタに対応できるんですが、GW2283のような軽い(3.7kg)モニタだといくら時計回りに回しても上に伸び切っちゃって最初困りました。けっこう固いですが、めいっぱいマイナス方向にまわしてやると、さきほどの画像みたいな位置で止めることができました。

VESA100のネジ穴は切り欠きになっている

特徴として、VESA100側のネジ穴が穴ではなく切り欠きになっていて、アームをセッティングしてからモニタを設置するのが楽になってます。アームのネジ調整とかでとりあえず載せてみるとか、特に重いモニタであればあるほどいいのかな・・・とも思いましたが、

  • そもそも重いモニタでそんな設置方法するだろうか
  • 軽いモニタであれば支えながらネジ回すぐらいできそう
  • 逆に下側のネジしめようとしたときに上部がずれてモニタが落ちそう(実際おとしそうになった)

という感じで、それほど魅力には感じませんでした。

まとめ

いやー、GW2283もそうですが、このモニターアームも満足ですね……満足すぎます。2つセットで1万5千円もいかないとか幸せですね。

ちなみにHDMIケーブルはこちらを使ってます。いい意味で可もなく不可もなくって感じです。ほこらしげに4Kって書いてるけど、うちのテレビとかレコーダーが4Kに置き換わるのは何年先だろうか……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください